【仙台ふららん】悲運の姫が祈った木像はキリスト?! 隠れキリシタン伝説を探る

【仙台ふららん】悲運の姫が祈った木像はキリスト?! 隠れキリシタン伝説を探る
マイリストに追加
カテゴリ:参加・体験
あと15日
イベントの内容

★栗生の歴史に隠された謎にせまる ~美しき姫と村人が守った信仰★

悲運の中でも凛として生きた、伊達政宗公の長女・五郎八(いろは)姫。彼女の大ファンである「姫研」代表・佐藤康子氏が、姫ゆかりの地を愛情たっぷりにご案内する人気シリーズ第2弾です。姫の屋敷があった栗生=「キリシタンの隠し里」説について、姫と村人の絆と共に解説します。

現在も続く奇祭・鬼子母神祭、不思議な木像など、仙台西側の住宅地・愛子(栗生)エリアにこんな歴史が隠されていたとは驚愕です。ご自分がお住まいの地域の歴史が気になってくることうけあいです。

※行程は約2.7kmほどです。一部、未舗装の山道に入ります。お足元が汚れる可能性がありますのでご注意ください。歩きやすい靴と服装でお越しください。
※途中、休憩をはさみますが、原則、座って休憩するところはありません。ご留意の上、ご参加ください。

(注)新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う施設営業時間の変更等により、一部内容の変更、もしくはツアー自体を中止・延期にする場合もございます。最新の情報につきましては、仙台ふららんホームページ・フェイスブック等SNSにてご確認ください。
コメントの投稿
コメントの投稿にはユーザー登録が必要です