<VOL.3>世界を作る言葉――声という楽器を生かして「まなぶ☆からだー演劇と表現ー」朗読講座(募集~7/31)

<VOL.3>世界を作る言葉――声という楽器を生かして「まなぶ☆からだー演劇と表現ー」朗読講座(募集~7/31)
マイリストに追加
カテゴリ:舞台・演劇
あと44日
イベントの内容
「まなぶ☆からだー演劇と表現ー」
<VOL.3>世界を作る言葉――声という楽器を生かして

朗読は声の表現の基本です。まっさらな状態で、的確に読むとはどういうことでしょうか。物語の主人公が置かれた環境や立場を考えて、その上で自然な発話とは何かを、この講座では考えていきます。そうして、言葉との距離を物語に沿って考え、作品に向き合うことを、実感としてまなびます。
声は楽器。そして朗読は、“最小の、そして最大の表現”です。舞台や映画のようなセットがなくとも、そこに体すらなくとも、声と言葉だけで世界を織り上げることができます。アーティストとしての、技術に留まらないプラスアルファの部分も含めて、朗読の表現を伝えていきます。

講 師:池澤 春菜(声優、エッセイスト)
日 時:2018年9月1日(土)14:00~17:00、9月2日(日)14:00~17:00(2日間通し)
定 員:20名
会 場:せんだい演劇工房10-BOX box-1

【池澤 春菜】
ギリシャ生まれ。声優、エッセイスト。アニメ、外画、ナレーション、舞台と幅広く活躍。
朗読を“最小の、そして最大の表現”とし、作品を表現する役者・アーティストとして活動を展開している。
声優の代表作に、『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』星馬豪・大神マリナ、『とっとこハム太郎』ロコちゃん・トラハムちゃん、『マリア様がみてる』島津由乃、『ケロロ軍曹』西澤桃華、『ONE PIECE』ケイミーなど。
また、狂言方の能楽師・茂山逸平との二人舞台『向田邦子名作劇場』(三越劇場)では、朗読を披露した。
著書に、第48回星雲賞受賞の『SFのSは、ステキのS』のほか、『乙女の読書道』『最愛台湾ごはん』『はじめましての中国茶』がある。朝日新聞、ダ・ヴィンチ、WEB本の雑誌、S-Fマガジンに連載中。

1 他のVOL.1・2・4の講座ラインナップは、公式HPでご確認ください
http://www.gekito.jp/?pg=1528432611

2 対象者
初心者からどなたでもご参加いただけます。 *18歳未満は保護者の同意が必要です。

3 受講料
VOL.1~4通し申込み 8,000円(学生6,000円)
各回の場合は講座ごと 3,000円(学生2,000円)

4 受付期間
平成30年7月1日(日)~7月31日(火)[必着] ※応募多数の場合は抽選し、参加の可否をお知らせします。[通し受講優先]

5 下記をご確認の上、お申し込みください
*<VOL.1,3,4>は2日間、<VOL.2>は3日間、全日ご参加ください。
*広報物・出版物・インターネット上での公開や掲載等を目的とした取材・撮影が講座中に入る場合があります。
*参加費は原則ご返却できませんので、あらかじめご了承ください。
*4講座を通して受講することをおすすめしております。
*受講時の服装、事前課題や持参物など詳細は、参加者決定後にご案内します。

6 お申し込み方法
本ページ下部の申込フォーム、メール(contact@gekito.jp)、または郵送にて受付。
下記①~⑧を記載のうえ、お申し込みください。
①住所 ②氏名(フリガナ) ③年齢 ④電話番号 ⑤メールアドレス ⑥プロフィールと活動内容 ⑦応募動機 ⑧希望プログラム名(複数選択可)
*ご希望の方には、申込用紙を郵送もしくはFAXでお送りします。

7 お問い合わせ
せんだい演劇工房10-BOX
〒984-0015仙台市若林区卸町2-12-9 
Tel022-782-7510 Fax022-235-8610
E-mail contact@gekito.jp

主催 公益財団法人仙台市市民文化事業団・仙台市   企画・制作 せんだい演劇工房10-BOX
コメントの投稿
コメントの投稿にはユーザー登録が必要です