第一回 絶頂|弦楽四重奏の現代音楽コンサート

第一回 絶頂|弦楽四重奏の現代音楽コンサート
マイリストに追加
あと124日
イベントの内容
 現代音楽は難しい。コンサートに足を運び、プログラムに書かれた作曲家のよく分からない解説文を流し見し、曲が始まると不協和音が演奏される。静寂が訪れ、展開が変わったかと思うとまたもや不協和音が続く。演奏家達はノリノリで演奏しているが、楽譜を見ていない私達にとっては曲が終わるのを待つ修行でしかない。演奏が終わった。残念、フェイクだ。もう1分ほど演奏してやっと終わった。もう現代音楽は聞きたくない。皆さんもそのような経験があるのではないだろうか?
 このようにして現代音楽は人々から嫌われ、クラシック音楽に演奏される機会を奪われていった。なんて勿体無いんだ。現代音楽ほど創造的で、音楽の聴き方を広げる音楽はない。現代音楽の魅力を伝えるために、仙台在住の作曲家 大久保雅基とヴィオラ奏者 飯野和英は立ち上がりコンサート・シリーズ「絶頂」を企画した。このコンサートでは、単なる音楽体験に留まらない、体からこみあげる絶頂をお届けする。今回は弦楽四重奏をテーマに選曲し、近現代の名曲と大久保による新作を演奏する。

【公演日時】
2018/9/22(土)
1回目 14:00開演(13:30開場)
2回目 18:00開演(17:30開場)
*2公演とも同じ内容になります。

【会場】
エル・パーク仙台 ギャラリーホール

【助成】
公益財団法人 仙台市市民文化事業団

【後援】
先端芸術音楽創作学会
日本電子音楽協会

【演目】
・スティーブ・ライヒ - ディファレント・トレインズ(
・リゲティ・ジェルジュ - カルテット1番「夜の変容」
・アルフレート・シュニトケ - カルテット3番
・大久保雅基 - 新作初演

【出演者】
1st Vn.:川又明日香
2nd Vn.:瀧村依里(読売日本交響楽団 2nd Vn.首席)
Va.   :飯野和英(仙台フィル Va.副首席)
Vc.   :吉岡知広(仙台フィル Vc.首席)
司会  :秀作(爆笑コメディアンズ)
音響  :大久保雅基

【チケット】
前売:2,500円
当日:3,000円

Peatixにて取扱

14時回:http://zetcho180922m.peatix.com
18時回:http://zetcho180922s.peatix.com

【主催・問い合わせ先】
絶頂
http://zetcho-sendai.com
info@zetcho-sendai.com

【SNS】
Twitter:https://twitter.com/zetchosendai/
Facebook:https://www.facebook.com/zetchosendai/
コメントの投稿
コメントの投稿にはユーザー登録が必要です