言言(KotoKoto) 第四回公演 「びんぼう君」

言言(KotoKoto) 第四回公演 「びんぼう君」
マイリストに追加
カテゴリ:舞台・演劇
開催終了
イベントの内容
言言(KotoKoto) 第四回公演 「びんぼう君」
作:前田司郎(五反田団)
演出:大河原準介(演劇企画集団LondonPANDA)

<上演スケジュール>
 3/15(木)19:00~
 3/16(金)19:00~
 3/17(土)15:00~、19:00~
 3/18(日)11:00~、15:00~
 ※受付開始・当日券販売・開場は30分前
 ※上演時間は約90分を予定しています

<出演>
 飯沼由和(言言)
 渡辺陽 (えずこシアター) 
 χ梨ライヒ

<料金>
 一般:2,500円
 学生:2,000円
 高校生以下:1,000円
 (全席自由/日時指定/税込)
 ※学生、高校生以下は入場時に学生証提示

<プレイガイド>
 [窓口販売]せんだい演劇工房10-BOX(9:00~21:00)
 [WEB予約]www.kotokoto.club
 [電話予約]090-3964-5354(飯沼)
 [メール予約]unit_kotokoto@yahoo.co.jp 
 ※電話・メール予約は【お名前、公演日時、チケット種類、枚数】をご連絡ください。

<あらすじ>
小学生のタカシはお父さんと二人暮らし。
家がびんぼうだからついたあだ名が「びんぼう君」。
お母さんは、家にはいないらしい。
お父さんは、仕事をしているのかしていないのか、いつも家にいる。
そんなタカシとお父さんの家に友達がやってくるという。
お父さんは何かそわそわしている。今日はタカシの誕生日だ。
そこへ、友達がやってきたのだが・・・
少年と父親の、笑いと哀愁に満ち溢れた日常を描く五反田団の代表作。
侘しくも、慎ましやかな幸せをお届けします。


良質な小劇場演劇の戯曲を上演するべく立ち上げた演劇プロデュースユニット 言言(KotoKoto)。第四回公演として上演するのは、劇作家 前田司郎氏 作の「びんぼう君」。当作は前田氏が主宰を務める五反田団の第三回公演として上演され、その後も「びんぼう君(完全版)」、「びんぼう君 21世紀バージョン」などと、自身の劇団でも発展をとげた、代表作の一つです。
「びんぼう君」は幸せとは何か?を考えさせられる作品です。お金がなく、生活するのが精一杯の父子のちょっと特別な1日を描いています。 父親と子の関係は非常に濃密で、親子でありながら友達のようで、又、一緒に生きていく同士であり、その親子の絆に私はどこか幸せの一端を感じました。ネット環境が発達した今、メールやSNSでコミュニケーションが事足りてしまうような錯覚を覚え、面と向かってのコミュケーションが少なくなり、人間関係が希薄になっている現在、この作品は人間の関わり方について再考させてくれます。作中では押し付けがましい言葉ではなく、全編を通して笑いの要素ふんだんに盛り込みながら、人と人とのつながりを再認識させてくれます。
笑いと哀愁に満ち溢れた傑作戯曲の魅力を余す事なく、皆さまにお届け致します。
ぜひご注目ください!
コメントの投稿
コメントの投稿にはユーザー登録が必要です