ラカン心理学で解く~病気のメカニズムと予防&治療~

ラカン心理学で解く~病気のメカニズムと予防&治療~
マイリストに追加
開催終了
イベントの内容
『身体は文字が刻まれた辞書』

フランスの精神分析家、ジャック・ラカンの言葉です。

昨年の10月から一年に渡り、ラカン講座を開講してきました。

今回、受講生の皆様から「体の病気のメカニズムと予防&治療」を

ラカン理論で解いて欲しいという要望を頂き、

新たに開講の運びになりました。

予告編として、今回「肺癌」について

ちょっとだけお話しさせて頂きます。



肺は空気を「吸う」と「吐く」という2つの動作を

繰り返しています。

吸うと言うことは、受け入れる(受容)ということを

意味します。

例えば、排気ガスがたくさん出ている中では

思いきり吸えません。

しかし、オゾンが噴出している森の中では、

思いっきり吸いたくなります。

これは外の空気がとても良好でokだからです。

肺癌になると言うのは、悪い物を吸い込んだ結果です。

空気は環境です。

ですからその環境にいることが拒否されているということです。

にも拘らず、そこにいるので吸わざるを得ない、

でも吸いたくない。

これを離婚寸前の夫婦の言うセリフに、

「同じ空気を吸うのもいや!」というのがあります。

まさにその状況です。

そうすると、夫婦二人とも肺癌になる可能性があるか

というと、どちらかです。

受容されていないと自分を規定しまった方です。

受け容れて欲しいと思っている人は、受容という言葉に

引っかかってしまいます。

ですから受容されている分には、肺の機能は正常に動きます。

受容されていないと思った人は、吸うが拒否されていますから

「拒絶」という文字が肺に刻印されて、

肺が正常に機能しなくなります。

では、治療はというと・・・

         ~9月ラカン心理学講座より一部抜粋~



身体は、頭からつま先まで、それぞれの部位に

様々な文字が刻まれています。 
 
病気になるということは、

本来の文字を書き換えてしまった結果

ということになります。

千人以上もの身体に刻まれた文字を解明してきた、

26年の臨床経験を持つ私のスーパーバイザー(師匠)が、

みなさんの知りたい病気を、その場で解き明かし

更に予防と治療編まで講義致します。

うちは、癌家系だから心配だ、

うちはみんな心臓病で亡くなっている・・・

罹るかもしれないと心配していれば、

必ずその通りになります。

病気を心配しないで、楽しく生きるための講座です♪

是非一度ご参加下さい、驚愕の内容です!!



講座料    15000円

問い合わせ  セラピールーム グリーンテラス
コメントの投稿
コメントの投稿にはユーザー登録が必要です