INDIAN EXPRESS annives of Sendai-Indian classical concert vol.11

INDIAN EXPRESS annives of Sendai-Indian classical concert vol.11
マイリストに追加
あと39日
イベントの内容
「銀のように輝く旋律」
シタールプレイヤー、アミット・ロイのもとに集う、生徒たちによるインド古典音楽コンサート。

[料金]前売¥2,000 /当日¥2,500
※小学生以下無料

【チケット予約お問合せ先】TEL.090-6689-6696(奈良)
sarangist@miyagi-children.or.jp

[場所]エルパーク仙台 6階スタジオホール
〒980-8555仙台市青葉区一番町4-11-1仙台三越定禅寺通り館6F
TEL.022-268-8300

[開場]16:30 [開演]17:00

出演者:(名古屋教室)ゲスト タブラ奏者/小池 伸弥...名古屋在住。2006年からタブラ奏者の逆瀬川健治氏に師事。2010年からシタール奏者アミットロイ氏に師事する。

(仙台教室)ヴォーカル /川村かなえ
サーランギ/奈良隆寛
シタール/井口裕理 , 伊藤雄仁
タブラ/遠藤順子, 丹治ゆり, 中澤由希子

《Special Guest Live》
H・Amit Roy (H・アミット・ロイ)
シタール奏者。1959年、シタール製作者として名高いヒレン・ロイの息子としてカルカッタに生まれる。幼少の頃より父親から音楽を学び、後にサントゥーシュ・べナルジー師に師事。さらに国際的に活躍したシタールの巨匠、故パンディット・ニキル・べナルジー師の下研鑽を積んだ。1978年から師の亡くなる1987年まで、師とともに生活しながら学ぶという伝統的な音楽訓練を受ける。師ニキル・べナルジーを彷彿とさせる演奏にインドのマスコミは高い評価を与え、“銀のように輝く旋律”と評した。名古屋に居を構えながら、インドはもとより、日本、ヨーロッパなどで旺盛な演奏活動を続ける一方、多くのCDを製作している。名古屋、東京、兵庫、仙台で教室を開催。多くの愛弟子がインド古典音楽の演奏者として活動している。
コメント
1. 伊藤雄仁
2017年9月7日20:01
毎年この時期に開催されるインド古典音楽発表会 INDIAN EXPRESS annives of Sendai 。2005年から今年で11回目となります。
仙台で本格的なインド古典音楽を楽しんでもらうため、研鑽に励んできたアミットロイ仙台教室のコンサート。是非、足をお運び下さいませ。
コメントの投稿
コメントの投稿にはユーザー登録が必要です