「日本人として、世界で勝つために。」22歳学生起業家のシリコンバレーでの挑戦 ー INTILAQ ハウスレクチャーシリーズVol.17 ー

「日本人として、世界で勝つために。」22歳学生起業家のシリコンバレーでの挑戦 ー INTILAQ ハウスレクチャーシリーズVol.17 ー
マイリストに追加
このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録
2017427日(木)
19:00 ~ 21:30
カテゴリ:総合
開催終了
イベントの内容
今回のゲスト戸村さんは2013年1月に日本の高校を卒業後、渡米。
現在は米国シリコンバレーにある大学に進学し政治学を専攻しています。

高校3年の受験期に「なぜ日本の難関大学に進学しなければ行けないのか?」という疑問に正面から立ち向かい、両親や教師と対立しながらも既存のレールを自ら外れて、旅費全てを自分で稼ぎ渡米しました。

戸村さんの言葉をご紹介します
「時代は常に変化して、また人も常に変化しなければならない運命にあり、世の中の”当たり前”を鵜呑みにして、”安定”を求めることが最も恐るべきことだと考えています。」

戸村さんは現在23歳。同世代である仙台(東北)の学生の皆様には特に参加して頂きたい内容となっています。戸村さんのこれまでの活動とその考え方に触れて、自分を見つめ直したり・刺激を受ける機会になると思います。

皆様の参加をお待ちしております!

お申込はこちら→ http://peatix.com/event/257970

【日時】
2017年4月27日(木)19:00~21:20

【スケジュール】
18:30 ~ 開場
19:00 ~ 基調講演
20:00 ~ モデレーター&会場とのトークセッション
21:00 ~ 名刺交換・交流会
21:30   終了

【会場】
INTILAQ東北イノベーションセンター
(仙台市若林区卸町2-9-1)

会場までの道のりはこちら
http://intilaq.jp/access/

【ゲストプロフィール】
戸村 光(とむら ひかる) 様
HACKJPN,INC CEO

2013年1月に日本の高校を卒業後、渡米。現在は米国シリコンバレーにある大学に進学し政治学を専攻する。同年12月に高校時代に出会ったチャットワーク代表取締役の山本俊行氏に偶然にもシリコンバレーで再開。その後、チャットワークでインターンシップを行いビジネスのノウハウを徹底的に学ぶ。2014年10月にシリコンバレーの留学生がインターンシップをできない問題を解決すべく、企業と学生のマッチングサイト“シリバレシップ”をリリース。同年12月にはHACKJPN,INCを米国で創業する。

【モデレーター】
竹川 隆司(たけかわたかし)
一般社団法人IMPACT Foundation Japanエグゼクティブ・ディレクター

国際基督教大学卒業。野村證券株式会社勤務ののち、野村ロンドン、フィルモア・アドバイザリー執行役員を経て、2011年4月、Asahi Net International, Inc.をニューヨークに設立。同社の代表取締役社長として、大学向け教育支援システム事業のグローバル化を推進。2014年に帰国後は、現職のほか、宮城県唯一のフルマラソン大会である「東北風土マラソン&フェスティバル」の立ち上げと運営、ベンチャー企業の取締役なども務める。2006年ハーバード・ビジネス・スクールMBA。

【主催】
INTILAQ東北イノベーションセンター
http://intilaq.jp/

【後援】仙台市

【参加費】
無料

【定員】
60名

お申込はこちら→ http://peatix.com/event/257970

【お問合せ】
INTILAQ東北イノベーションセンター
mail: reception@intilaq.jp
電話:022-357-0543
コメントの投稿
コメントの投稿にはユーザー登録が必要です