せんだい文学塾 ことばを響かせる作家 小池昌代先生の「現代詩と小説を行き来して」

せんだい文学塾 ことばを響かせる作家 小池昌代先生の「現代詩と小説を行き来して」
マイリストに追加
2017325日()
16:00 ~ 18:00
開催終了
イベントの内容
文芸評論家、池上冬樹先生をアドバイザーに迎え、著名な作家や一流出版社の編集者を講師としてお招きした文芸講座を開催しております。

●3月講座

◆講師:小池昌代先生

 東京生まれの詩人、小説家、エッセイスト。津田塾大学国際関係学科卒。

 詩人としては1997(平成9)年『永遠に来ないバス』で現代詩花椿賞、2000年『もっとも官能的な部屋』で高見順賞、2008年『ババ、バサラ、サラバ』で小野十三郎賞、2010年『コルカタ』で萩原朔太郎賞、2014年『たまもの』で泉鏡花文学賞、エッセイストとしては2001年『屋上への誘惑』で講談社エッセイ賞を受賞するなど、多くの分野で活躍している。

 その他の小説作品は、2004年『感光生活』(筑摩書房、のち文庫)、2005年『ルーガ』(講談社)、2007年『裁縫師』(角川書店)、2008年『ことば汁』(中央公論社)、2009年『転生回遊女』(小学館)、2010年『怪訝山』(講談社)、2011年『弦と響』(光文社)、「黒蜜」(筑摩書房)、『自虐布団』(本阿弥書店)、2012年『厩橋』(角川書店)がある。最新作は『ときめき百人一首(14歳の世渡り術)』(河出書房新社)。


◆講座アドバイザー:池上冬樹(文芸評論家)



◆プロ作家志望者から、読書の楽しみを深めたい方まで、どなたでも受講できます。 お気軽にお問合せください。


◆テーマ
「現代詩と小説を行き来して」

◆3月25日(土)15時30分開場、16時~18時開講 会場:仙台文学館講習室

◆受講料:一般2000円、学生1000円、高校生以下無料

◆定員:90名

お申し込み/お問合せ:sendaibungakujuku@gmail.com
tel : 080-6013-5008
コメントの投稿
コメントの投稿にはユーザー登録が必要です